信用情報とは?

現在、現金を使わずにクレジットカードを使用してショッピングしたり、ローンを利用して車などの大きな買い物をする人が増えています。現金を使わずに期日までにお金を支払うという約束(個人の信用)に基づいて取引をすることになります。

 

そして、個人の信用を客観的に示す情報のことを、信用情報と言います。信用情報は、ローンやクレジットといった信用取引に関する契約内容、返済、支払状況、利用残高といった取引事実の情報です。

 

毎月の返済状況だけでなく、延滞情報、債務整理情報も管理されています。新たにクレジットカードを作る時やローンを組むことを希望する時に、クレジット会社やローン会社、信販会社などが照会をかけてきます。

 

そして、登録されている情報がクレジット会社やローン会社、信販会社などに提供され、借りれる信用情報の人かどうか判断されるのです。その情報をもとに審査を行い、お金を貸しても安全か、危険かの結果を出します

 

例えば、私のようにスマートフォンの支払いがクレジットカードの利用停止のために、数ヶ月遅れてブラックリスト入りを果たすと、信用情報に事故情報が記載されてさまざまな支払いが非常に不便になります

 

信用情報がブラックとは?

返済をきちんと約束通りに支払われなくなった場合、信用情報に返済されない事実を情報として追加されます。返済できなかった事故情報は、信用情報機関を通して加盟員のキャッシング会社やクレジット会社で共有できるようになっています。

 

お金を貸す会社は、返済するかどうか分からない人にお金を貸したくありません。ですから、クレジットカードやローンの申し込みをしたとしても、審査落ちになる可能性があります。このような状態をブラックな状態とか、ブラックリストに載ると表現されることがあります。

 

事故情報が追加された人は、クレジットカードの新規申し込みを断られることがあります。さらに、今まで使用していたカードが使えなくなったり、お金を借りることができなくなります

 

自分の信用情報を見たい場合、自分の身分が証明できるもの(運転免許証、健康保険証、パスポート等)を準備します。それから、信用情報機関に行き、開示請求の申し込みをすることで、情報を見ることができます

 

日本信用情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)は、窓口で情報開示を行っています。しかし、全国銀行個人信用情報センターは郵送のみです。株式会社シー・アイ・シー(CIC)は、インターネットでも信用情報の開示請求が可能です。料金は、郵送開示の際は郵送料の実費負担がかかることもあります。各信用情報機関に確認すると良いでしょう。

 

消費者金融のライフティの審査は?

私の場合は事故情報がおそらく記載されたときから少し時間が経っていたのもあるかもしれませんが、ライフティでの借り入れができました。連続で事故を起こしていなければ意外と問題ないのかもしれません

 

消費者金融のライフティも日本信用情報機構(JICC)と、シー・アイ・シー(CIC)より他社での借入状況や、登録機関中の事故情報がチェックされます。審査は、信用情報を考慮に入れ独自の審査でなるべく前向きに検討してくれることでしょう。

 

ライフティは申し込みから利用開始までスピーディーに対応してくれます。申し込みは24時間受付で来店不要なので、誰かに会ってしまうというようなこともありません。ネットの申込みで1週間程度での融資も可能です。

 

⇒ ライフティの詳細はこちら